高血圧 めまい

高血圧からくるめまいは合併症の予兆!早期での改善が必要です!

高血圧が進行するとめまいや頭痛などの症状に襲われることがあります。血管に負担が掛かり傷んでしまったことで血液をうまく脳に遅れていないことが原因です。

めまいを起こすと転んでしまったり、動けなくなってしまうので、二次的な怪我や事故の危険もあります。しかもめまいが起きているということは、高血圧の合併症である脳出血や脳卒中の危険が高まっている証拠です。早期に高血圧を改善して、めまいが起きないように対策をしていきましょう。

高血圧を病院にかかり治療する場合、降圧剤が処方されます。ただ、この降圧剤は一時的な解決にしかならにうえ、しかも低血圧症を引き起こすリスクもあります。低血圧症になると同じくめまいや頭痛などの症状が出るため、結果的に何の解決にもなっていません。

そこでもっとリスクのない方法で高血圧は改善していくべきです!当サイトでは高血圧をノーリスクで自然に治していける治療法を紹介しています。ツラい運動や、好きな食べ物を我慢する必要もない治療法なので、どなたにでも簡単に続けることが可能です!

高血圧の治療として一番のネックになってくるものが、この継続することが出来るかどうかです。病院のキツい食事指導や降圧剤による治療は、日々の生活を大きく制限するものなので、なかなか続きません。

だからこそこの治療法は多くの方の高血圧を改善することに成功しているわけです!明日からでも始められる方法なので、高血圧からくるめまいに悩まされている方は、早速取り組んでみてください!高血圧を改善して血流が正常になれば、めまいに襲われることもなくなります!

10年後も健康で生きるために、高血圧を招く危険因子を考えてみよう

高血圧は心臓と血管の病気のリスクを上げてしまう、ということは多くの方がご存知だと思います。高血圧が原因となる心臓の病気は心肥大、狭心症、心筋梗塞などが考えられますし、高血圧が原因でおこる血管の病気は脳梗塞や脳出血などをもたらすことが知られています。心臓の病気も血管の病気も私たちがずっと健康で生活していくためにはできるだけ避けたい病気であることは言うまでもありません。

心臓や血管の病気の原因になる高血圧。
それならば、高血圧を避けるために私たちは何をしたらいいのでしょうか?高血圧を招く危険因子としてよく知られているものは以下の通りです。

①遺伝 やはりご家族の中に高血圧の方がいらっしゃった場合、ご本人が高血圧になる可能性は高くなります。ご家族の中に高血圧の方がいるのかどうかを確認すること、そしてもし高血圧の方がいらっしゃるならば、ご自分が高血圧になるリスクを抱えていることを自覚するべきでしょう。

②年齢 やはり年をとればとるほど、高血圧になるリスクは高まるといえるでしょう。高齢者の血管は若い方の血管と比べて弾力性がないため血圧を増大させる傾向があるからです。年とともに高血圧になるリスクが高くなることをお覚えておきましょう。

③運動 運動をすることで、体内の血液の循環が良くなり結果として血圧が下がることが知られています。運動の習慣がない方はご自分が高血圧になるリスクが高いことを知っておいてください。そして、軽い運動を生活の中に取り入れるようにしましょう。ウォーキングやアクアウォーキングなど、軽めの運動をするだけで高血圧になるリスクが格段に減りますよ。

④食事 やはり塩分を過剰に取る習慣がある方は高血圧になりやすいといえるでしょう。特に私たち日本人は食文化として塩分が多い傾向を示しています。普段の食事から濃い味のものは控えるようにする、ドレッシング・卓上醤油などの調味料を少なくする、といった努力が必要です。

⑤肥満 太り気味の方はやはり高血圧になるリスクが高いといわれています。ご自分の適正体重を知ることが大切です。無理なダイエットはおすすめできませんが、間食をやめる、運動を生活に取り入れる、睡眠をしっかりととる、ストレスを解消する、といったことが求められるでしょう。

高血圧は自覚症状がほとんどありません。でも、いったん心臓や血管の病気になってしまえば生活の質は一気に低下することは容易に想像できますよね。ご自分のリスクを知って健康管理に役立ててくださいね。

高血圧で心臓が止まる!高血圧性心不全について教えます

心不全というのは心臓の働きが低下している状態を指します。心臓が体中に血液を送り込むポンプのような機能を果たしていますが、このポンプ機能が止まらないまでも調子が悪いという状態を指します。

高血圧の方の体は血圧が高いことによっていろいろな不都合が生じています。心臓もその一つです。高血圧というのは心臓が高い圧力で血液を送り出している、ということですから、心臓が疲れやすくなっていることが指摘できると思います。特に心臓を取り巻く血管が血圧が高いことによって詰まっていたり、血管自体がもろくなっていこともあって、高血圧は心臓全般に悪い影響を与えているということはいくら強調しても強調しすぎることはないでしょう。

高血圧状態が長く続くと、心臓への負担はますます増してきます。心肥大といわれる心臓が大きくなる状態や心臓の弁の動きが悪くなる心臓弁膜症、心臓の筋肉の力が低下する心筋症など様々な障害が出てきます。これが心不全、詳しく言えば慢性心不全といわれる状態なのです。

心不全になると、まず「呼吸困難」になります。心臓がうまく血液を送り出せないのですから、結果的に血液を通って運ばれる酸素が体にうまく運ばれなくなり、息苦しさや呼吸の苦しさを感じるようになります。たとえば横になりますよね。すると今まで下半身にたまっていた血液が上半身に一気に戻ってきますので、肺に血液が集まることになってしまいます。その結果、肺で呼吸することが非常に難しくなるため、横になることができない、ということもあるのです。

とにかく心不全になってしまったら、すぐに病院に行くしかありません。
酸素吸入をおこない、強心剤を中心とした薬物が投与されます。あまりにも心臓が弱っている場合は心臓移植なども考えられます。

息切れ、動悸・・・・高血圧症状をもたらす心肥大の恐怖

高血圧は体に悪いとわかっていてもなかなかぴんと来ないんです。だって痛くもかゆくもないんですから。それに人間はなかなか生活習慣を変えることは難しいですからね。いきなり塩分を減らせ、といわれても・・・・困るなあ、というのが本音だと思います。

でも、高血圧症状は「サイレントキラー」と呼ばれるくらい恐ろしい病気なんです。高血圧状態が続くと体のいたるところに影響が出てくるのですが、特に恐ろしいのは心臓。
高血圧というのは心臓が高い圧力で血液を体に送り出している、ということを示します。心臓というのは筋肉ですから、高い圧力がかかっていると知らず知らずのうちに心臓の筋肉、つまり心筋が鍛えられて大きくなってしまうのです。これが心肥大です。

たとえば胸の筋肉がついてマッチョになったり、おなかの筋肉がついて六つに割れたりするならばよいのですが、心臓に筋肉がつくというのは非常に困った状態なんです。その理由は血管にあります。実は心臓の血管というのは数が増えないんです。心臓は大きくなるのに血管はそのまま、ということは心臓に必要な血液が回ってこないという恐ろしい状態になるということ。心臓の血液が足りないことは私たちの体に恐ろしい影響が出てくるんです。

その代表的なものが「息切れ」です。また激しい「動悸」を感じることもあります。血液が足りないということは酸素が足りないということですから疲れやすくなり、息切れもしますよね。そして、心臓としても血液が足りないことを感じているので「もっと働かなくちゃ」とがんばってしまうわけです。これは「動悸」として私たちが感じるものです。つまり、「息切れ」「動悸」というものを感じるのは、心臓が「心不全」の状態になったということです。このような状態では日常生活を普通におくることは非常に難しいでしょう。

高血圧の治療において一番大切なのは「高血圧というものをちゃんと知ること」です。もちろん、今は良いお薬を使うこともできますし、高血圧自体は怖いものではありません。でも、ご自分の体を守るのはご自分にしかできませんよね。自分の健康を自分の手で守るためにも、病気の知識を身につけていきましょう。